筋肉サプリメント『メタルマッスル』に興味を持っている人は多いでしょう。

 

しかし、こういったサプリメントを飲むのは不安だという人もいるはずです。

 

なぜなら副作用が気になるからです。

 

今回は、メタルマッスルの成分の内容や副作用の危険性について見ていきます。不安な人は参考にしてみてください。

 

メタルマッスルで副作用?注意すべき点とは?

 

メタルマッスルには、筋力アップに効果的な成分が凝縮しています。

 

1日6粒飲むだけで十分な効果を発揮し、中に入っているのはどれも安全な成分です。

 

製造工場が日本なのでその点も安心ですね。

 

副作用が出たという声はありませんが、アレルギーがある人はかゆみや皮膚症状などが出る場合があるので成分にしっかりと目を通しておいてください。

 

注意すべきアレルギー成分としては、豆とシナモンがあります。これらにアレルギーがある人は始めから飲まないようにした方がいいかもしれません。

 

「筋肉を早くつけたい!」という気持ちで1日量以上飲むというのは危険です。容量をしっかりと守るようにしてください。

 

メタルマッスルには危険な成分が入っている?

 

ここではメタルマッスルの成分を詳しく見ていきます。

 

これらの成分を見て分かるように危険な成分は一切使われていないので、安心して飲んでいただいて大丈夫です。

 

ただし、BCAAは過剰摂取をすると肝臓・腎臓への負担があるので注意してください。

 

HMB

ロイシンの代謝物で、筋肉の増強効果がある成分として知られています。アメリカでは以前から話題になっている成分で、2010年から国内で発売されるようになりました。

 

BCAA

燃焼系アミノ酸のバリン・ロイシン・イソロイシンの3種類の総称です。筋肉のエネルギー源となります。

グルタミン

回復系アミノ酸と言われるもので、トレーニングのダメージを回復する効果があります。免疫力アップの効果が期待できます。

 

クレアチン

身体能力を高め、リラックス効果があるとされています。

 

トンカットアリ抽出物

男性力の向上に働きかけます。男性ホルモンの分泌が増えると言われています。
コロハ種子抽出物(フェヌグリーク)

血行を改善する効果があります。

 

黒胡椒抽出物(バイオペリン)

成分の吸収率を上げる働きがあります。

 

シナモン樹皮抽出物(シニュリンPF)

アミノ酸を筋肉内部に取り込みやすくする効果があります。

 

まとめ

『メタルマッスル』は、アミノ酸や植物由来の成分を使用した筋肉サプリメントです。

 

国内工場で安全管理がしっかりとされた中で製造されており、体に害があるような成分は入っていません。

 

ただし、豆やシナモンにアレルギーがある人は副作用が出る可能性があるので注意しましょう。

 

過剰摂取は危険なので、1日6粒という目安量はしっかりと守って飲むようにすれば大半の人に副作用は出ないので安心してください。

GACKT(ガクト)愛用のメタルマックスHMB公式サイトはこちら